RPAとは

業務効率化や生産性向上を実現する仮想知的労働者

仮想知的労働者(デジタルレイバー)

RPA「Robotic Process Automationの略語」とは、ホワイトカラー業務を代行・自動化するソフトウェア型ロボットであり、「コストやミスの削減はもちろん、働き方改革」まで、業務改善のツールとして日本でも急激に注目を集めています。

代表的な機能は、人がパソコン上で日常的に行っている単純作業を、ロボットが「100倍以上のスピードで単純作業を自動化する」というものです。また、人間の代わりとなって業務を遂行することから、仮想知的労働者(デジタルレイバー)ともとも呼ばれいます。

Business Process Automation

ロボットによる業務の自動化

RPAは、少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少で、ますます深刻化する人手不足の解消と、これからの働き方改革の実現に向けて、有効な改善手法として期待されております。

RPAの導入で自動化できる業務

  •  手順が決まっている単純な定型業務
  •  電話やメール対応などのサポート業務
  •  データの収集・分析業務
  •  交通費申請関連の業務
  •  顧客情報の自動リスト化業務

→ 導入実績へ

RPA導入で得られる最大のメリット

サーバー型RPAソリューション

RPAツールには「サーバ型」と「デスクトップ型」があり、Automation Anywhereは、サーバ型のRPAツールです。 通常サーバ型はデスクトップ型に比べて、”導入容易性”の点はデスクトップ型に劣るものの、”ガバナンス””セキュリティ””適用性””運用効率”の点ではサーバ型の方が優れているといわれています。 Automation Anywhereは、サーバ型のRPAツールであるものの、レコーディング機能やコマンド(アクション)をドラック&ドロップで開発できることで”導入容易性”も優れたツールです。

  サーバーに複数のロボットが管理可能

1台のサーバで100台以上のロボットを同時に管理することが可能です。中でもAutomation Anywhereは、理論上1台のサーバでの管理できる上限はございません。

  業務を横断的に管理して作業を自動化

ロボットがサーバ内で管理されるため、部署を横断した業務も自動化が可能です。加えてAutomationAnywhereは、自動化対象の範囲が広いため、部署を横断した業務も容易に自動化できます。

  大量データとルールをサーバ内で一括管理

サーバ上で処理するため、大量データの処理も問題ございません。またロボットの管理をサーバで行うことで、各人に依存した開発手法や野良ロボットの発生を防ぎます。

Automation Anywhereに関するお問合せ  お電話での受付時間  9:00~17:00(祝日・年末年始年始を除く)